投稿記事

セシウム:事実と数字2(油田掘削)

投稿日時: 02/01 システム管理者

https://elementy.ru/nauchno-populyarnaya_biblioteka/435688/Tseziy_fakty_i_faktiki


油田ではなぜ、何立方メートルものセシウム塩溶液を井戸に流し込むのか?[訳者注]自然に存在するセシウム同位体は安定な133で,放射性セシウムではありません.まず安定なセシウムの利用の話の続きです.

 

そのような塩は、現代の掘削流体のユニークな成分であることが判明し、専門家が年間生産量と見積もっているセシウム50トンの半分以上を必要としています。掘削泥水は、掘削プロセスの間に井戸に直接汲み上げられます。これは複数の機能を持っています。その中でも特に重要なのは、掘削によって破壊された岩石を持ち上げることと、地層中の流体によって破壊されないように井戸内に反圧を生じさせることです。そのためには濃い泥が必要で、密度を高めるために、粘土のような充填材を追加します。
しかし、別の方法として、重くて均質な流体を使用するという方法もあります。セシウムは自然界に存在するすべてのアルカリ金属の中で最も重いので、セシウム塩を水に溶かしたものが使われます。実際、ギ酸セシウムはこのような塩として機能します:その溶液の密度は、水の密度の2倍を超えており、2.2 g/cm^3に達することがあります。また、ギ酸塩は分解しやすく、ある程度の量のセシウムで汚染することを除けば、環境に全く害を及ぼさないというメリットがあり、危険なことではありません。

ギ酸セシウムを掘削流体にする歴史は1999年までさかのぼります。その時にトータル社が抱えた問題からです。1997年には、北海の英国領エルジン・フランクリン油田の掘削を開始しました。石油は地表から約6キロ下にあり、貯留層の圧力と温度は前例のないほど高く、1000気圧以上、摂氏205度にも達しています。1999年までに7つの井戸が掘削され、2つの井戸には貯留層からの油の流れを増やすために壁に穴が開けられていました。


すべての井戸に、欠陥のあるエレベータ・ストリング(油を地表に送り出すパイプ)が設置されていることがわかりました。どうすればいいのか?井戸を殺して新しい井戸を掘るのか?そこで、エンジニアは別の方法を考え出しました:井戸を一時的にシャットダウンし、パイプを取り出し、ハンガーを変更し、すべてを元のラインに戻す。同じ泥で井戸を浸水させて殺してしまっうのですが、この場合は泥を使うことができませんでした。油田の油層は砂岩で構成されており、粘土の粒子が気孔に堆積し、それを詰まらせる可能性があります。これは、塩水が修理に必要であることを意味します:その密度を確保できる固体粒子ではなく塩溶液です。しかし、当時は臭化亜鉛という塩しか使えませんでした。この溶液は深刻な腐食を引き起こすだけでなく、海の生物を死滅させるほどの量の亜鉛が海に流れ込む可能性があります。何らかの無害な液体を探す必要がありました。

 

そして、会社にとって幸運なことに、遠くないスコットランドのアバディーンで、キャボット・スペシャルティ・フルイーズ社が所有する4,000m^3という十分な量のギ酸セシウム溶液のバッチがあったことです。この液体を借りて、一つづつ井戸を埋めて修理して、液体を汲み上げて別の井戸に送りました。このような丁寧な処理のため、貴重な液体はわずか10%しか失われていませんでした。全体としては、1つの井戸につき100万ドルの費用がかかりました。これは、不良品のバネを工場から出荷した品質管理部の社員とこのようなバネを導入した管理職の給料よりもはるかに高いものでしょう。

それ以来、油田労働者は掘削泥水の成分としてギ酸セシウムを頻繁に使用します。高密度で安全なギ酸セシウムは、掘削時間を2~4週間(掘削の複雑さにもよりますが)短縮し、機器の消耗を抑え、腐食速度を低下させ、油回収量を増加させます。最も重要なことは、作業員や環境に無害であることのおかげで、そのような掘削油は油田での環境に優しい作業のための新しい基準になりました。

ーーー続く