投稿記事

デイビッド・グロス:「超対称性が発見されるに違いない」1

投稿日時: 02/07 システム管理者

https://elementy.ru/nauchno-populyarnaya_biblioteka/izbrannoe/430285/Devid_Gross_Derzhu_pari_chto_supersimmetriya_budet_otkryta

2004年5月のノーベル物理学賞を受賞したDavidGrossがモスクワを訪れました。彼は、弦理論と理論物理学の今後の革命について公開講演を行うために、王朝財団と国際基礎物理学センターの招待を受けて来ました。講義の前に、DavidGrossはElementsWebサイトからの質問に答えました。

デイビッド・グロスへの質問は次のとおりです。
セルゲイ・ポポフ、天体物理学者、モスクワ州立大学の研究者、アレクサンダー・セルゲイエフ、ジャーナリスト、ラジオ・リバティの科学オブザーバー、ウェブサイトElements

 

 

 

 

左から:セルゲイ・ポポフSP、アレクサンダー・セルゲイエフAS、デイビッド・グロスDG(写真:オルガ・レビナ)

 

 

 

 

 


数学と物理学はそれほど異なる科学ではありません
セルゲイ・ポポフ:グロス教授、私たちの会話は、主に現代の理論の複雑さとそれらで使用されている概念の問題に触れたいと思います。したがって、最初の質問は、素粒子物理学の分野で働く若い科学者、理論物理学者からです。現代の理論物理学者が数学の最新の研究を知り、過去10〜20年にわたって出版されたオリジナルの数学記事を読むことの重要性を教えてください。それとも、ほぼ同じ時間スケールで発行されたモノグラフに精通するだけで十分ですか?

David Gross:それはあなたが扱っている問題に部分的に依存します。弦理論のいくつかの分野では、物理学者は自分たちで新しい数学を発明することを余儀なくされています。そして、彼らは数学者と非常に緊密に協力しています。彼らが直面している課題のいくつか(および行われている発見)は、数学者が以前は知らなかった新しい数学的構造の出現につながります。そのため、弦理論のいくつかの分野では、物理学と数学が協力して、本だけでなく元の記事でも読むことが不可能な新しい数学を発見しています。

素粒子物理学は多くの現代数学を必要としますが、何か新しいものを発明する必要はありません。しかし、現代の物理学(場の量子論と弦理論)は、50年または100年前よりも数学の最先端にはるかに近づいています。

アレクサンダーセルゲイエフ:これは、物理学者が数学的解析を発明したニュートンの時代と比較できますか?

DG:そうですね、時代は変わりつつあります。現在、多くの人々が数学と物理学の両方に従事しています。そして、ニュートン自身が惑星の動きを理解するために新しい数学(数学的解析)を発明しなければなりませんでした。しかし、多くの点で、これはかなり珍しい時期です。これは19世紀にはすでに当てはまりました。その後、偏微分方程式の理論が生まれました。波の伝播、熱伝達を説明する最初の場の理論の構築に必要でした。フーリエ、ラプラスのような数学者は、物理学を理解するために新しい数学を発明しました...

しかし、20世紀の終わりに、初めて、新しいタイプの非常に緊密な協力(物理学者と数学者の間)が登場しました。私は数学と基本的な理論物理学をそれほど異なる科学とは考えていないとだけ言っておきましょう。結局のところ、物理学者のような数学者も、本質的に自然の中で起こる現実の何かを発見します。


弦理論はロシア的です

 

SP:その場合、弦理論は今日の数学者にとって最も刺激的な主題であると言えますか?それとも、他にも同様に有望な分野はありますか?

DG:弦理論と場の量子論は非常に密接に関連しています。当初、数学は場の量子論から強力な後押しを受け、その作用は弦理論でも続いています。もちろん、物理学と数学がうまく相互作用している他の分野もありますが、弦理論で起こることほどよく似ているものはありません。

ご存知のように、私はカリフォルニアで理論物理学研究所を運営しています。毎年何百人もの物理学者が集まって、共通のトピックに取り組んでいます。そして昨年の秋、弦理論の数学的構造に関するプログラムがあり、参加者の半数は世界をリードする数学者でした。弦理論家と数学者は非常に緊密に協力しています。これは本当に素晴らしいです。そして、これは非常にロシア的です-物理学に近づき続けるロシアの数学者の伝統のように。ゲルファンドを覚えています...
SP:そしてアーノルド..。
DG:はい、これらは良い例です。アーノルドの仕事は主に力学系などの古典物理学に関連していました。


[訳者注]ロシアの数学の特徴はオイラーの流れをくむというか,物理に密接しているようです.対話で言及された本を以下に引用します:

関数とグラフ (ゲルファント先生の学校に行かずにわかる数学 1)www.amazon.co.jp1,400円(2021年02月02日 07:27時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する
古典力学の数学的方法www.amazon.co.jp9,900円(2021年02月02日 07:27時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する
量子力学は学校で教えられます
SP:弦理論の数学は非常に複雑です...

DG:複雑なのはその目新しさのためだけです。ニュートンにとって数学的解析は非常に困難でした。そして、ご存知のように、ハイゼンベルグが量子力学(行列力学とも呼ばれる)を発見したとき、彼は行列について聞いたことがありませんでした。しかし、ハイゼンベルグはなんとか関係式を書きました。「それはマトリックスのように見えます!」と言われて、彼は:「マトリックスとは何ですか?」と応じました。したがって、ハイゼンベルグにとって、行列(マトリックス)は非常に困難なものでしたが、今日では大学で教えられています。

SP:弦理論の数学ツールは、時間の経過とともにアクセスしやすくなると思いますか?結局のところ、何と言っても、たとえば経路積分は通常の積分よりもはるかに複雑です。

DG:すべて時間の問題です。

SP:人々はこれらの難しいことに慣れているだけですか、それとももっと理解しやすいアプローチを発明していますか?

DG:アイデアが最初に浮かんだとき、開拓者自身でさえそれをよく理解していません。新しい概念を十分に理解して生徒に教えることができるのは、多くの場合、長年の研究の後でのみです。時にはそれは数世代かかる。たとえば、多くの物理学者はまだ量子力学に苦労しています。私たちはまだそれを正しく教えるのに十分に理解していません。そしてこれは80年が経過したという事実にもかかわらず。そして、1930年代に書かれた量子力学に関する最初の教科書を見ると、それらはひどいものです。教科書は時間とともに良くなります。彼らは改善を続け、高校生に量子力学を教え始めると、彼らはより自然に感じ、それをよりよく理解するようになります。

ほら、他の分野でもまったく同じことが起こっています。力学や電気と磁気に関する最初の記事と教科書は非常に複雑でした。アインシュタインが電気と磁気を研究したとき、彼は苦労しました。結局のところ、それは大学の4年生でしか教えられず、それでも非常に難しい記事と見なされていました。そして今や私たちは学校で電気と磁気を普通に習います。


---続く