投稿記事

セシウム:事実と数字5(医学)

投稿日時: 02/07 システム管理者

[訳者注)この節の放射線医学に関する内容は不十分です.iwjの以下のyoutube動画をお勧めします.]

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/233698

 

「内部被曝の影響は、これから出てくる」 放射線治療の第一人者が語る、被曝問題の隠された真実~岩上安身によるインタビュー 第517回 ゲスト 西尾正道氏 第一弾 | IWJ Independent Web Journal 北海道がんセンター名誉院長で、臨床医として約40年もの間、放射線治療に携わってきた西尾正道氏は、3.11後、全国各地で内iwj.co.jp

 


なぜ放射性セシウムが必要ですか、それを不注意に扱うとどうなりますか? 

セシウム137は、強力なガンマ線源として工学や医学で使用されています。医師は、腫瘍の領域に放射性薬物のエンドウ豆を置くことによって前立腺癌の治療をします-ガンマ線はそれを焼き切ります。また、工学の分野では、構造欠陥の探索から種々のタンク内の充填レベルの決定まで、さまざまな測定にガンマ線が必要とされています。放射性セシウムを含む機器の普及は、無知や不注意と相まって、悲惨な結果をもたらす可能性があります。捨てられた機器の無責任な所有者が放射性元素の入ったシリンダーから取り出すのを忘れて、ゴミ捨て場行になったことが時々ありました。そこから他のスクラップと一緒に冶金工場に運ばれ、精錬されることもあります。その結果金属が放射性物質になり、危険なバッチが見落とされると、最悪の場合、悲劇を招くことになります。

最悪の事態は1985年にブラジルの都市ゴイアニアで起こりました。そこで、地元の診療所は新しい建物に移転し、一部の機器が古い建物に残りました。診療所は建物の所有者に借金を負っており、裁判が進行中で機器が差し押さえられていましたが、セキュリティが十分でなく、社会的責任の低い二人が機器を盗み、部品のためにそれを解体し売りました。部品の中には放射性セシウムを含むアンプルがありました。泥棒はアンプルを売ることができず、お祭りに持ち帰り、彼らが発見した-夜に青く光る素晴らしい結晶について自慢しました。

近所の人は奇跡の粉を歯につけて味見をしたり、肌にこすりつけたり、ポケットの中でつまんだだけの人もいました。そして、しばらくして、人々は病気になり始めました。医者は症状にはほとんど注意を払わず、いつもの「何かを食べたからか、アレルギーがあるからか」と言っていましたが、病状が悪化し、被害者の中の誰かが、粉末を医師に見せると、すぐにすべてが理解されました。全体で200人以上の人が苦しみ、4人が放射能病で亡くなった。

ブラジル人が自分たちの過失と文盲のために苦しんだとすれば、クラマトルスクの家の住人は無実の被害者で、恐ろしい事故の犠牲者であります。複数のマンションの入居者が長期にわたって体調不良を訴え、数人が血液がんで死亡した。結局、1989年には検査が行われました。建物の壁に埋め込まれたセシウムのシリンダーを発見した。調査の結果、このボンベは70年代に消えていて、どうやらコンクリートを作るための砂利の中にあったらしい(セメント工場にはセシウムの器具がある)。このコンクリートは不運な壁に注がれたのです。

1997年の事件は死傷者には至りませんでした。ジョージアの兵士たちは古いソビエト軍の兵舎を解体しました、そして彼らの一人は磨かれた金属の美しくて暖かいシリンダーを見つけました。幸いなことに、彼はそれを開けませんでしたが、彼のポケットに入れました。兵士が放射線熱傷を受けた後、発見の性質が明らかになりました。

セシウムは薬ですか?
[訳者注)ここの話題のセシウム治療薬はほとんど与太話です.著者も懐疑的記述をしています.誤解を招くといけないので念のためお断りします.]
ルビジウム(「化学と生命」第9号、2020年参照)と同様に、医学者は精神疾患の治療にセシウムを使用しようとしてきたが、成功していないようだ。文献には矛盾する証拠がある。例えば、躁鬱病患者の血液中のセシウム含有量は、健康な人に比べて低く、治療後に症状が改善した患者に比べて低いという研究者もいます。しかし、他の人は、違いを見つけることができません。いずれにしても、これらの研究は20世紀後半に上演されたもので、今では話題性がありません。腫瘍学者の間では、セシウムはかなりスキャンダラスな名声を得ています。

事実、代替医療の支持者たちは、人が塩化セシウムを服用する、いわゆる高アルカリ性癌治療法を推進しています。この方法の達人によれば、セシウムは腫瘍細胞に濃縮され、そこで細胞を破壊するアルカリ性環境を作り出します。この方法の批評家は、この方法には化学的または生物学的根拠がないことを指摘しています。さらに、塩化セシウムを提案された用量、1日6グラム、さらには静脈内投与で食物と一緒に定期的に摂取すると、心臓の働きに深刻な問題が生じ、頻脈とその停止さえ引き起こします。さて、米国食品医薬品局は、承認された方法の数に癌のセシウム療法を含めなかっただけでなく、時々手紙を送ります、この方法の危険性についての警告。しかし、支持者は主張します:科学的根拠はそこに非常にあり、結果は認められた薬の結果より悪くはなく、時にはさらに良くなります。しかし、この紛らわしい話の本質を理解するためには、詳細を掘り下げる必要があります。