投稿記事

「未知」の肖像。レオナルド・オイラー300周年へ

投稿日時: 01/29 システム管理者

Академик Георгий Сергеевич Голицын ゴリツィン
«Природа» No6, 2007
https://elementy.ru/nauchno-populyarnaya_biblioteka/430479/Portret_neizvestnogo_K_300_letiyu_Leonarda_Eylera


レオナルド・オイラーは18世紀の偉大な科学者です。その前世紀の偉大な科学者はアイザック・ニュートン、そして、次の世紀はオイラー(1707–1783)であったことは確かです。オイラーは、現代の数学の主要な分野を提唱開発しました:変分法、複素変数の関数理論、解析的整数論、特種関数の理論。彼は、天体力学理論、流体力学、弾性の理論などに関する数多くの研究を残しました。A.S.プーシキンによる「テーブルトーク」では ,オイラーについてのセクションがあります。

1730年から1740年に統治したアンナ・イオアナブナの甥であり、将来の皇帝ジョン6世となるイワン・アントノビッチの誕生時に、宮廷はオイラーに王位継承者のための星占いを命じました。オイラーは占星術を信じていなかったので、最初は拒否したが、宮廷の要請を受けました。ホロスコープを作成するためのルールを知っていたオイラーは、イワン・アントノビッチのためにそれを作成しました。ホロスコープは酷いものであることが判明したため、オイラーはあえてそれを使用せず、別の非常に成功したものを提案しました。一年後、エリザベタ・ペトロヴナは赤ん坊の王を退位させシュリッセルブルク要塞に幽閉し、(ミロビッチ中尉がイワンアントノビッチを釈放しようとしたとき)1764年にエカテリーナ2世の密令で殺されました。オイラーは優秀な計算機でした。1783年の彼の死後、誰かが「オイラーは死んで計算をやめた」と言いました.

■1972年3月、レニングラード水文気象研究所の大気物理学部長であるデイビッド・L・ライヒツマン教授から、惑星大気の力学に関する講義を2週間で4回行うように招かれました。
私(ゴリツィン)は週に半日2回忙しく、残りの時間は美術館で過ごし、街を歩き回りました。ネフスキープロスペクト近くのルビンスタイン通りに部屋を提供してくれた友人のネイルBと滞在しました。

ある日、モスクワ駅近くのネフスキーにある古着屋に行きました。1階にはあらゆる種類の衣類があり、2階には絵画やその他のオブジェがありました。そこには、巨大な金箔の額縁に入った大きな暗い肖像画があった。漆喰が所々落ちていましたが、まともな状態でした。近づいてみると、その肖像画にはレオンハルト・オイラーが描かれていることがすぐにわかりました。オイラーの肖像画は、無名の画家の無名の人物の肖像画として売り出されていた。キャンバスは所々破れていたり、絵の具がボロボロになっていたりしていました。この肖像画は買わないと一生後悔すると実感しましたが、それは、93ルーブルで 50カペイカだった。

私はそのようなお金を持っていませんでした(当時、理学博士の給料は月に400ルーブルでした)。ネイルに足りないものを借りて、翌朝の開店に行きました。支払った後、なぜそんなに安い価格なのかと尋ねました。店員は私がラッキーだったと言った。肖像画は3か月以上店にあり、最近15%割引にしたと。したがって、肖像画の元の価格は110ルーブルだったのです。


フレーム付きの肖像画の重さは15キログラムで、裏には指の太さのロープが付いていました。ネイルは彼の肩に肖像画を掛け、私たちは彼の家に行きました。翌日、私はモスクワに向けて出発しました。ネイルが私に同行しました。車掌が、120×140cm巨の大な絵を車内に乗せないと言い、私はそれをコンパートメントの頭上の荷物棚に置くと言いましたが、確かに、棚ははるかに狭いのです。チェックインする時間がありません。電車が出発する約10分前です。ネイルは送ってくれると約束し、電車に沿って歩いて行ったが、数分後戻って、肖像画が別の車の前デッキに乗せたと言いました。私はボロゴエで、肖像画が乗客の出入りを妨げないことを確認し、モスクワでは私が最初に電車を降りることにしました。車掌には5ルーブルを支払いました。

モスクワのレニングラード駅で、重くて公共交通機関が不便だったので、一人では家にも仕事場にも肖像画を運ぶことができないのに気づき、保管室に渡しました。駅にある十数台のロッカーのうちで、そのような大サイズのものを受け入れられるのは最も遠くにある1台だけでした。数日後、私は研究所「カジク」に、絵を持ち込みました。


肖像画は明らかに修復が必要な状態でした。いとこのイラリオン・ウラジミロヴィチ・ゴリーツィン(ロシア人民芸術家、芸術院議長会会員、2003年の国家賞受賞者)に電話してみました。 イラリオンは、ペトリーヌ時代からの家族の肖像画をすべて保管しており、その中のいくつかは、この事件の少し前にトレチャコフ・ギャラリーで修復したものです。プロの修復業者の電話番号を教えてくれました。汚れを落とし、新しいキャンバスの裏に貼り、落ちていたところを塗り直して、すべて70ルーブルでできました。似顔絵は新品同様に良くなりました!  右下隅には署名がありました:I. Konig, 1881.


肖像画は私のオフィスの壁に取り付けられました。USSR科学アカデミーの大気物理学研究所の所長である学者のアレクサンダー・ミハイロヴィッチ・オブホフがそれを見に来て、それを賞賛した後、突然「ゴガ、私に肖像画を売ってください」と言いました。数秒経過の後、私は次の返事を返しましたが、それには数十年後の今でも驚いています。「アレクサンダーミハイロヴィッチ、あなたはすでにあなたのオフィスに必須で良い肖像画をぶら下げていますが、これはそれより芸術的に優れ、政治的に間違っています。」オブホフはうなって立ち去り、このトピックに戻ることはありませんでした。

1973年、科学アカデミー250周年記念式典の準備が始まりました。その年の雑誌『自然』9号には、V.I.ヴェルナドスキーの論文「科学アカデミーの最初の年」が掲載されており、父パヴェルの息子キリル・パブロヴィッチ・フロレンスキーの資料に基づいて作成されています。他の肖像画の中で、私はレオンハルト・オイラーの自分の肖像画を見ました。キャプションには、E. ハンドマン(1756年、バーゼル大学)の肖像画が掲載されています。

スイスのこの街でオイラーは生まれ、1720年から1724年にかけて上記の大学でヨハン・ベルヌーイの数学の講義を受けた。若きオイラーは毎週土曜日に彼と数学の話をし、子供のニコラスとダニエルと仲良くなった。この二人は1724年にサンクトペテルブルク・アカデミーへの招待状を受け取り、翌年には同アカデミーに入学しています。オイラーは本当に一緒に行きたかった。しかし、彼が招待を受けたのは翌年の1726年12月でした。ニコライ・ベルヌーイが、かの地の気候に慣れることができなかったため、アカデミーに空席が発生したからです。オイラーは1727年5月に20歳でロシアに来て、1741年までここに住み、数学と力学の約80の論文を作成しました。


1740年、アンナ・イオアンノブナ皇后が亡くなりました。幼児ジョン6世の下の摂政は彼の母親アンナ・レオポルドブナでした。彼女の治世の数年間、ロシア国家の情勢は完全に混乱、アカデミーは1年間給与を支払わなかった。1741年オイラーは、ベルリン科学アカデミーを組織た若いプロイセン王フリードリッヒ2世(後にグレートの愛称で呼ばれる)の招待を受け入れた。オイラーが数学教室長に就任。彼はベルリンに25年間滞在しました。1759年には、このアカデミーの初代学長であるモーペルチュイ(力学における最小作用の原理の発案者として知られていますが、オイラーの貢献が大きい)、モーペルチュイの死後、オイラーはアカデミーのマネージャーに任命されましたが、フルードリッヒは給料を上げませんでした。厳格なフリードリッヒは、常に服装が正式でないオイラーを非常に嫌っており、これは数年間続きました。

王位に就くと、エカテリーナ2世はすぐにサンクトペテルブルクアカデミーに注目をしました。ベルリンでの25年間を通じて、オイラーはサンクトペテルブルクでの出来事を追跡し、アカデミーのメンバー、特に彼が常に支援していたロマノソフとの広範な通信を維持していました。エカテリーナは、首相であるN.I.パニンに、どうしてもオイラーをロシアに戻すように指示し、彼はベルリンでの給料よりもはるかに高い給料を約束され、1766年7月にオイラーと彼の家族はぺテルブルグに戻りました。ここで過ごした最後の17年間で、彼は約400点の論文を作りました。

(続く)-----

ハンドマンと私の肖像画では、オイラーは明らかに生命のない右目をしています。これには独自の物語があり一度は聞いたことがありますが、今は正確なリンクを与えることができません。1740年代か1750年代には、パリのアカデミーが帆船のマストの配置を競うコンテストを発表しています。オイラーは長年造船業に携わっており、大会に参加したかったのですが、コンテストの論文提出期限が迫っていた。ついに彼は計算のために座り、丸3日間机から離れませんでした。その間、彼は他の人が少なくとも1か月を費やしたであろう計算を完了し、賞を受賞しました。しかし、彼は目を失った。第二の目で、レナード・オイラーはすでにサンクトペテルブルクで盲目になりました。それから彼は彼の長男に彼の仕事を口述した。オイラーの子孫はまだサンクトペテルブルクに住んでいます。

1981年1月、私はソ連科学アカデミーの対応メンバー3名の代表団を率いて、「気象・気候予測モデルのための大気プロセスパラメータ化に関する国際シンポジウム」に参加しました。ワシントンDCのすぐ北にあるメリーランド大学コンベンションセンターで開催されました。そこから私は同僚の海洋学者オーウェン・フィリップス氏(ボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学教授)に電話をかけました。1時間足らずでワシントンからボルチモアまで 送ってくれました。地球惑星科学専攻では、回転流体の対流に関する講義を行いました。講演会の後、私はもう一人の同僚である有名な乱流研究者のスタンリー・コルシン(Stanley Corrsin)という研究所の友人を訪ねました。彼と一緒に、私は偉大な流体力学の写真の肖像画を見ました:ジョシュア・レイノルズ、乱流の科学の創始者、ルートヴィヒ・プラントル、セオドア・フォン・カルマン、ジェフリー・テイラー、そして、レオナルド・オイラーの肖像画の小さなカラー写真を見せてくれました。コルリジンは、"科学と芸術の歴史の中で、こんなに素晴らしい題材を個人的に所有することができるのか?"と質問し、どうすればいいと思っているのか聞いてみました。答えは、"科学史博物館か、せめて科学アカデミーに渡した方がいい "というものでした。私には、その後、前述の流体力学者の肖像画の写真が郵送されてきました。

コルジンの事務所を出ると、世界的に有名な力学者であるトゥルースデル教授に会いました。その本の多くは、1960年代と1970年代にロシア語に翻訳されました。この教授の主な趣味はレナナルド・オイラーの人生と仕事の研究であることを私は知っていました。コルジンは私たちをお互いに紹介しました。幸いなことに、私はオイラーの肖像画の写真の別のコピーを持っていました。私はこれをトゥルースデルに渡し、飛行機に遅れたことを謝罪し、必要に応じてフィリップスとコルジンが私の住所を持っていると言いました。

当時、まだメールもファックスもありませんでした。約1か月後、トゥルースデルから手紙を受け取りました。彼は、私が偉大な科学者のこのような素晴らしい肖像画を持っていたことがどれほど幸運であったかについて、ほぼ文字通りコルジンの言葉を繰り返しました。彼は次のように書いています。「あなたがこの肖像画を継承したと仮定させてください。」彼は続けて、この肖像画の最初の所有者が誰であったかについて2つの提案をしました。最初の可能な所有者である彼は、啓蒙された慈善家であるアレクサンダー・ミハイロヴィッチ・ゴリツィン副首相(1722-1806)を指名しました。もう1人は、当時の有名な科学者であり、すべてのヨーロッパのアカデミーのメンバーであり、エルミタージュの絵画や芸術作品を購入するエカテリーナ大王の主な代理人であり、フランスとオランダのロシア大使であるドミトリー・アレクシーヴィッチ・ゴリツィン(1734-1803)である可能性があります。彼については別の話があります。

(訳者注)著者名も含めて,ゴリツィンが3人も出てきて私も混乱しましたが,皆別人(ゲエオルギィ,アレクサンダー,ドミトリー)です.

トゥルースデルは、オイラーの肖像画が3か月以上誰も興味を持たなかったため、古着屋で割引価格で購入されたと聞いてがっかりしました。1989年12月にアカデミックA.M.オブホフが亡くなり、すでにUSSRの科学アカデミーの正会員であったので、1990年1月1日から私は大気物理学研究所の所長に任命されました。最初の2年間、私は古い小さなオフィスを研究所と気候理論部門の責任者として維持しました。オイラーの肖像画がそこにありました。1991年の終わりに、USSRの崩壊、ソビエト連邦の共産党の主導的役割の廃止、そして部屋を空ける必要性とともに、私は小さな古い事務所を空け、壁からウラジミール・イリイチ(レーニン)のかなりまともな肖像画を取り除き、そこにレナルド・オイラーの肖像画を置きました。

2000年末までは肖像画の関連することは何も起こりませんでした。その全容は不明のままでした。2000年12月、モスクワ石油ガスアカデミーの数学教師である末娘のマーシャは、パイプ内の非定常ガス運動に関する博士論文の防衛戦に臨んでいました。彼女の結果によると、パイプの2つの場所で希薄化波の振幅と通過時間を測定すると、ガスパイプライン(例えばウクライナ)からの不正なガス抽出の場所と量を特定することができました。防衛に成功した後、出席者全員が部署に招待され、少しお祝いをしました。論文評議会のメンバーであるグレブ・ミハイロフ教授は、何気なくレオナルド・オイラーのことを口にしていた。マーシャはすぐに、父親が科学者の大きな肖像画を持っていると答えた。教授は珍しく興奮して、この肖像画を見ることができるかどうか尋ねました。マーシャは彼に私の電話番号を教えてくれました。翌日、彼は私に電話し、私たちは彼が私の研究所に来ることに同意しました。「この肖像画を見てもいいですか?」マーシャは私の電話番号を教えてくれた。次の日、彼は私に電話をかけてきて、私の研究所に来ることになりました。

到着すると、グレブ・コンスタンティノヴィッチは、オイラーが彼の人生の主なテーマであると言いました。ソビエト(後にロシア)委員会の事務局長、そして流体力学はサービスです。本職はオイラー。これまでサンクトペテルブルク、ベルリン、スイスの彼のアーカイブは完全に解かれていませんでした。レオンハルト・オイラーの遺産に関する国際委員会のメンバーとして、毎年1ヶ月間をスイスやドイツで過ごしており、その活動は後を絶たない。「この素晴らしい肖像画に出会えて何と嬉しいことでしょう。2、3日でロシアでの歴史が調べられると思います」と、ミハイロフ教授は別れを告げました。

その日のうちに電話が鳴った。興奮したグレブ・コンスタンチノビッチが次のように言っていた。1875年、ロシアアカデミーは創立150周年を迎えていました。その中でも特に目立つメンバーの肖像画があることが決まった。オイラーの肖像画は、ドイツの画家ヨハン・ケーニッヒに依頼され、彼は1756年のバーゼルの肖像画の非常に正確なコピーを作成しました。 その後、このコピーやコピーから、質が著しく低く、色調が異なる多くの新しいコピーが作成されました。このような二次コピーは、モスクワ大学、ロシア科学アカデミー学長の応接室にあります。

1881年にケーニッヒによって実行されたこの命令は、最初にサンクトペテルブルクのワシリエフスキー島にある科学アカデミーの建物に吊るされました。1889年は、プルコボ天文台の開館50周年の年でした。オイラーは天体力学の分野でも多くのことをしていたので、彼の肖像画はこの天文台に贈られました。1918年、天文台は革命家船乗りによって2度略奪されました。54年後、私はネフスキーのコミッションショップで「不明」の暗い肖像画を見たのです。