投稿記事

セシウム:事実と数字4(原発事故)

投稿日時: 02/03 システム管理者

https://elementy.ru/nauchno-populyarnaya_biblioteka/435688/Tseziy_fakty_i_faktiki


福島事故後、放射性セシウムはどうなりましたか?
原子炉で発生する放射性同位元素の中で、セシウム137が最も有害なのは、第一に、セシウム137の量が多いこと、第二に、半減期が30年以上で、放射能汚染が長く続くことによります。たとえば、2011年の福島事故では、約20kgの放射性セシウムが放出されました。これは莫大な量です。このような放射性セシウムの放射能は9〜36 PBq[訳者注)ペタという単位は10^15です]、つまり1秒あたり数千万の崩壊[γ線光子が出ます]です。

福島の事故は、放射性セシウムの最新データを研究者に提供しました。原子炉の爆発で放出されたセシウムは、可溶性の化合物ではなく、鉄とケイ素の酸化物を主成分とする粒子の形で放出されました。どうやらこれらの粒子はかなり安定しているようです。いずれにしても、事故から1年後に、福島の学校の校庭から採取した土壌サンプルからも容易に発見されました。事故現場から数百キロ離れたタケノコの表面やシイタケの笠から放射性セシウムを含む単一粒子が検出されたが、その多くはタケノコの葉屑や切り株に付着した茎の先端から検出された。そして、タケノコやキノコの果肉の内部では、放射性セシウムは観測されなかった。このことは、放射性セシウムの移動性と植物組織への移行能力がやや誇張されていることを示唆している。


福島の原子力発電所の爆発後に散乱した粒子のオージェ分光分析(「化学と生命」第11号、2020年)
電子顕微鏡とオージェ分光法を用いて、サンプル中の元素の分布マップを得ることができます。福島の原子力発電所の爆発後に拡散した粒子をこの方法で分析すると、それらは主に酸化鉄に、シリコン、塩素、亜鉛、放射性セシウムを含むものでした。Scientific Reports、2013年8月30日

セシウムで汚染された土壌はどうか?
汚染された物や土壌を埋葬地に送ることで、小さな地域を埋め立てることができますが、原子力発電所での原子爆発や大事故は、放射性元素が畑や森林に散らばり、必然的に食物になってしまうため、主に農業の大惨事になります。セシウムの場合、この汚染がバックグラウンドレベルになるのに何十年もかかります。広大な農地を開墾したり、使用をやめたりすることは事実上不可能です。なぜなら、これらの土地で労働者として生活している膨大な数の人々を再定住させる必要があるからです。したがって、わずかに汚染された土地での生産が停止されることはなく、結果として生じる汚染された製品をきれいな製品と混合して、許容可能なレベルの放射能となります。

しかし、他の方法もあります。セシウムは植物に存在する必然性はないので、植物組織におけるセシウムの存在は単なる運の問題です。さまざまな種とさまざまな種類の飼料草で実施された実験は、それらに入り込むセシウムの蓄積は10倍以上も異なる可能性があります! 季節的にも同様の変動が見られます。葉や茎の成長が活発な夏の初めには、葉や茎の成長が終わる頃に比べてセシウムの量が著しく少なくなります。このおかげで、通常の農法を変えることなく、品種の選択と正しい農業技術のおかげで、汚染された土地でも比較的きれいな生産を受けることが可能になりました。遺伝学者が努力すれば、農家は土壌からセシウムをほとんど吸収しない品種を自由に使えるようになるだろう。原発の事故で汚染された土地ばかりになれば、そのような種に頼ることになってしまうが...。

しかし、研究者は汚染された土地をきれいにするためいろいろな方法を試しています。たとえば、福島の事故後、次のようなジレンマが発生しました。この県の住民は野生のキノコやベリーを採取するのが大好きです。さらに、それは彼らにとって重要な収入源です。しかし、セシウムを蓄積するハーブを育てることで畑をある程度きれいにすることができるが、この方法は森林では機能しませんが、キノコがその仕事に対処できる可能性があります。

横浜国立大学の研究者は、この仮説を確認しました。彼らは、セシウムが腐敗した落葉落枝に蓄積し、その含有量が菌類のバイオマスに比例することに気づきました。新鮮な葉にはセシウムが含まれておらず、キノコは処理中にすでに危険な金属を土壌からごみに汲み上げるという考えが生まれました。次に、彼らは菌類の成長に最も適した条件を作成することを決定し、汚染された森林の実験エリアの土壌を厚い木材チップの層で覆いました。確かに、わずか6か月で、キノコは土壌から放射性セシウムの半分を吸い込み、腐った木に濃縮しました。

ただし、一部の木は土壌自体からセシウムを吸引するのが得意であるため、これはすべての木で機能するとは限りません。これは、蜂蜜の研究におけるドイツの実験によって証明されています。したがって、すでに1988年以降、土壌放射性セシウムの菜種蜂蜜への変換係数は2%を超えませんでした。そして、針葉樹の新芽を食べているアブラムシからミツバチが集める甘露蜂蜜の場合、係数ははるかに高かった。その後のトウヒの針葉と若い芽の分析により、それらに高含有量の放射性セシウムが含まれていることが明らかになりました。土壌から蜂蜜への放射性セシウムの最も高い変換係数は、ヘザー蜂蜜で観察されました。土壌の含有量と比較して、40倍も多いことが観察されました。

セシウムで汚染された土地での山火事は危険ですか?
広島と長崎へのアメリカの原爆投下から75年後、マヤック事故から63年後の現在、チェルノブイリと福島の地域には、放射性セシウムで汚染された土壌に2つの大きな森しかありません。最初のケースでは、それらの面積は3000平方キロメートルであり、2番目のケースでは400平方キロメートルです。2011年11月の福島の森林地域では1平方メートルあたり1MBq以上でした(自然のバックグラウンドは数十万分の1です)。森林から落ちた放射性元素は森林から消えず、そこで崩壊し続けていると考えるのが論理的で、放射性セシウムはこの例です。

おそらく、それは森のゴミに蓄積し、そこから針葉に入り、枯れていくと、実際にその場所から移動することなく、ゴミに戻ります。そして、火事が発生すると、この場で放射性粒子が灰に変わり、火事の場所から遠くに散乱する可能性があります。しかし、それらはどこまで行くかを簡単に体験できます。両方の汚染された森林の松やもみの針を集め、木の下にゴミを捨て、セシウム塩の溶液(もちろん非放射性)に浸し、それらを燃やし、燃焼生成物を吹き飛ばすのに15〜20メートルの高さのパイプを通します:これは、山火事で炎が舞い上がる状況の再現です...

この実験は、2018年にミズーラ(モンタナ州)の米国森林局消防研究所のブースで実施され、非常に重要な結果を受け取りました。特に、ごくわずかなセシウム(3%以下)だけが煙とともに残り、残りは火の場所に散らばった灰の中に残っていることが判明しました。そして、セシウムの煙の粒子は遠くまで飛ぶことはありません。圧倒的多数で、それらは大きく、直径は10ミクロンです。したがって、消防士が最も危険にさらされています。

この結論は、2020年4月から5月にチェルノブイリゾーンで発生したひどい山火事の際の実践によって確認されたようです。メディアの報道によると、ゾーン外の過剰な放射線レベルは認められませんでした。また、京都大学の研究者による実験では、汚染地域のごみは高温で燃焼する必要があることが示されました。そうすると、放射性セシウムがボトムアッシュに集まり、低い燃焼温度で煙の粒子が濃縮されます。

[訳者注)ここでのテーマは,量の多い放射性セシウム汚染に関するものです.放射能は消せないのですが,農作物に取り込まない方法はありそうです.放射性セシウムからのガンマ線は外部被ばくに関与しますが,ベータ線やアルファー線を放出する核種は細胞に取り込まれると深刻な内部被ばくに関与します.例えば,トリチウム水は大きな問題です.]

ーー続く