掲示板

2013/09/23 SGK通信(2013-11)年次大会より

投稿日時: 2019/06/22 システム管理者

ヨッヘン・ブリューニング教授(フンボルト大学)の講演があった(上野会長の同時通訳つき)質点による近似が意味を持つ限り,非常に大きい距離(宇宙)でも非常に小さい距離(原子)でも同じ方程式が支配していることに言及.
■ニュートン(1642-1727)の定式化した世界観の基礎となった巨人の肩?アリストテレス,ユークリッドの世界観から講演が始まった.アリストテレス(Bc384-322)は変化する運動の概念,平均速度,平均加速度,...などの概念や,地・火・水・空気の4元素を考えた.月より遠くの宇宙はエーテルで満たされており,完全な物理法則に支配されるとした.アリストテレスはLife is motionであり,physicsとは生きている世界のすべてを意味した.アリストテレスの世界観がニュートンの世界観??運動によって絶えず変化している厳密な法則に従う世界で,その方程式は一意的に解くことができる??の基礎になった.ケプラー(1571-1630)??円錐曲線の研究.地球の形(長軸/短軸=1000/999),楕円軌道であることや面積速度一定などの法則??の業績や,バーローから学んだユークリッド幾何学を基礎に,質点系の重心の運動理論を完成した.
■ニュートンの後続は,オイラー,ヤコビ,ヘルムホルツ,ポアンカレ,アインシュタインに至る.ヘルムホルツは,因果律の自然哲学.彼のポスドクにマイケルソン,シュテファンがおり相対論へと続く.ポアンカレは運動の方程式の解はあるが,初等関数で解けないものがほとんどであることを示した.時空の幾何学変化とエネルギーの変化は同じであることが相対論になる.
■銀河系の中心は地球から25,000光年のいて座A*にあり,太陽の4.6×10^6倍の質量のあるブラックホールがある.近傍のガス雲が2年以内にブラックホールに引き込まれるのが観測できるらしい.