掲示板

2014/02/15 SGK通信(2014-03)RIMS研究集会の様子

投稿日時: 2019/06/22 システム管理者

 

 

 

 

 

 

◆教育数学の一側面?“高等教育における数学の規格とは”
RIMS研究集会,研究代表者:岡本和夫(2014.2.12?2.14,京都大学RIMSにて)が開催されました.
最終日は雪でしたが,3日間熱心な議論が行われました.
プログラム→program
主に学習の質保証・参照基準の観点から,教育数学への意見交換がなされました.
-------------------
◆以下は,数学月間の会(SGK)から見た感想です:
工学部においても数学科で教える内容の数学で間に合わせるのではなく,それぞれの専門に必要なレベルにあった教育数学が望ましい.非数学系に対しての数学も同様に必要である.
数学月間の視点からは,工学や社会の課題に直面して既成の数学を学習せよという姿勢ではなく,数学者の方が入り込み,ニーズに合った数学を示し解いて見せることが,数学の信頼獲得に非常に重要であると考える.今回の教育数学の提案の中にもそのような方向性がうかがえる議論が多かった.
-------------------